読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

南千石町ソフトボールクラブ

会津若松市で活動する社会人 ソフトボールクラブです!!

センターの憂鬱

2014活動報告

ピンチは必ずやってくる

選手権大会 予選リーグ

第2戦

VS 猪苗代クラブ 6月1日 対戦チーム棄権により不戦勝

第3戦

 

VS 消防さわやか 6月15日 多目的北

 

ザックジャパンがブラジルで負けなられない戦いに挑む同刻

南千石町ソフトボールクラブも負けられない戦いに望んでいた。

コートジボワールごとく、対戦チームは命と財産を命がけで守る方々のチームは、フレッシュでまさにさわやかなチーム。

 

チームの要の本田がゴールを決めれば

我がチ−ムの主砲 背番号7が

f:id:SB3731059:20140615105717j:plain

満塁ホームラン!

先制する。

 

サムライ・ニッポンのキャプテン 長谷部選手は「心を整える」にて

「常に最悪のシナリオを想定する」

という思考をしているそうですが、果たして野球選手の思考とは?

守りに入る

f:id:SB3731059:20140615110135j:plain

投げる

f:id:SB3731059:20140615110300j:plain

構える

f:id:SB3731059:20140615110324j:plain

守る

やがてピンチはやってくる

f:id:SB3731059:20140615112548j:plain

サッカーでもソフトボールでも、人生でもピンチは必ずやってきます。

結果が良くても、悪くても乗り切らなくてはなりません。

それがきっと糧になるものだと信じています。

 

試合結果

日本 VS  コートジボワール 1−2 惜負

南千石ソフトボールクラブ VS 消防さわやか 5 ー 7 惜負

 

チームの皆さんお疲れ様でした。

 

ところで、

ピンチで内野手がマウンドに集まる時

外野手の思考とは どんな状況でしょう?

 

f:id:SB3731059:20140615112553j:plain