読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

南千石町ソフトボールクラブ

会津若松市で活動する社会人 ソフトボールクラブです!!

最後まであきらめない心。その先にあるものとは?

第34回会津若松市ソフトボール選手権大会 開会式

f:id:SB3731059:20150524083028j:plain

「感謝!!」の会長挨拶に始まり、千人を超える選手が参加する大会が、今年も開会しました。

選手権大会 予選リーグ 第1試合 

VS スクラッチ 5月24日 大川緑地南 第三試合

f:id:SB3731059:20150524112226j:plain

先発 横澤投手

f:id:SB3731059:20150525091218j:plain

1番 室井選手

f:id:SB3731059:20150525090536j:plain

7番 長原選手

f:id:SB3731059:20150525090758j:plain

8番 篠木選手

f:id:SB3731059:20150525090946j:plain

9番 田中選手

最後まであきらめない心 記憶にのこる漢

最終回 後攻 6ー8 2点のビハインド

4番キャプテンが四球を選び、2OUT 満塁。

打者は5番。ここは、チャンスと捉える心がまえしか必要としない。

2ストライクと追い込まれても厳しい選球をする。

次の勝負球にフルスイング!

 が、ボールに勢いなく2塁手正面へ向かっていく。

この場面

熱闘甲子園でさえ、コカ・コーラの企業テロップが流れ

一塁ベース上、で天を仰ぎ見る→無念の表情から青空のカットで番組終了です。

 が、チームは違いました、諦めていませんでした。

何よりバッターは、アレクサンダー王のオーラを纏ったようなその大きな体躯で一塁へ全力疾走。

 次の瞬間、2塁手のグラブに収まっていたはずのボールは、母にはぐれた仔ウサギのように一塁ベースからやや離れたたところを、ピョンピョンと跳ねまわっている。

 3塁コーチャーボックスで大きく腕を回す監督が視界に入った頃、すでに俊足の2塁ランナーがホームイン。

最終回、後攻8ー8 同点。2OUT 1・3塁。

投手も、勝負を避けるような気配はない。真っ向勝負。

f:id:SB3731059:20150525091350j:plain

6番 菅野選手

 低めの速球をセンター方向へ鋭い打球!

センター俊足で捕球・・

が、キャッチする力を打球の勢いが上回り、グラブをすり抜ける。

9ー8 サヨナラ勝!

その先あったものは、興奮と感動でした。

 

サヨナラヒットを打った。菅野選手この日、3打数3安打の猛打賞。

とても残念ですが、この試合を最後にチームを離れることになりました。

長い間お疲れ様でした。

 チーム一同、新天地での活躍を期待しています。

 

広報担当 背番号4