読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

南千石町ソフトボールクラブ

会津若松市で活動する社会人 ソフトボールクラブです!!

ピッチャーマウンドは、意外とワイルドだぜぇ〜

14.02からの挑戦

選手権大会 予選リーグ 第1試合 

チームを紹介する時、背番号1 横澤選手を忘れることはできない。

あと6ヶ月で、古希を迎える。

揺るぎなきチームのエース。絶対的存在感。

 

生まれた時から、エースナンバー。

背中に、1という蒙古斑があったという噂は、嘘ではないらしい。

市で、ソフトボールをプレイする者 その名を知らぬものななし。

 

高校時代には、軟式野球にて全国大会に出場!!

その想像しがたい、モノクロのエピソードを 何時か記事にしたい。

野球・ソフトボールをするために、仕事をする(してきた)

野球・ソフトボールをするために、仕事を選ぶ(選んできた)

 

至極、単純、明快。

今時、こんなにもはっきりと 明確な答えを持つ人は少ない。

深い哲学があるのか、全くないのか それは解らない。

 

「今年、ノーヒットノーランを達成する!」

シーズン前の会合で、甲子園常連校出身の背番号2との会話を聞いてしまった。

vsTEAMレンジャース

5月26日 門田緑地

f:id:SB3731059:20130526134310j:plain

 この日、エースは絶好調。進塁を許さない。

f:id:SB3731059:20130526134536j:plain

 

f:id:SB3731059:20130526135041j:plain

 打線も、絶好調

f:id:SB3731059:20130526134703j:plain

3打席連続出塁

その時は、突然やってくる

最終回、11−0あと3つのアウトでゲーム終了。

 

その時突然、エースにトラブル

指先に、力が伝わらない

ボールが、真ん中に集まる 強振!

正円型のボールが、ベクトルの形になり、

何度も、頭上 塁間を抜けていく。

 

1つのアウトが取れない。

流れが悪い・・

いつの間にか、ノーアウト満塁 11−9

(どれだけのフィールドプレーヤーが状況を把握できていたのだろう?)

1打逆転の場面

 

「選手交代。ピッチャー オレ」

穏やかな表情で登板。

すべてを負う覚悟で。

背番号30が、大きく見える。

 

サインは、ホームアウト 前進守備。

 

ウインドミルからの投球

詰まったあたりは、三塁手

すかさずホーム 背番号6 捕手はクイックスローで

一塁手へ ダブルプレー!

ようやく、2アウト

まだ 2アウト 2,3塁 1打逆転

 

次の打者も、打つ気満々!

投球 少し内側へ

GON 打球音!

ボールは風切り音を上げ セカンドの頭上を超える

 

すでに中堅手、背番号50は後ろ向き

全力疾走

グラブを伸ばし

JUMP!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

キャッチ! 

ゲームセット 11−9 勝利

 

長記事、ありがとうございました。

近くに、尊敬できる先輩がいると

「長生きも悪くないなぁ」

でした。

 

広報 背番号4

撮影は チームマスコットのたいち君でした。

 

(夜は、新人歓迎会と懇親会がありました)

新人トライアルの結果は 後日報告いたします。